薄毛の人は育毛剤を利用すると世界が変わります|逃避しない頭皮へ

自分に合うものを

シャンプーにはいろいろなものがありますが、よく混同されがちなのが抜け毛に効果のあるシャンプーと育毛効果のあるシャンプーです。抜け毛を予防するためには、過度に頭皮の皮脂を洗い流さないことが大切です。頭皮の皮脂を取り除き過ぎると、頭皮の毛穴は皮脂が不足していると判断してより皮脂の分泌を活発にします。そのことで余計に頭皮の皮脂が過剰になり、毛穴から毛が抜けやすくなるのです。そこで抜け毛シャンプーでは脱脂力の強くないアミノ酸が主成分の洗浄剤を使用しています。それに対して育毛シャンプーは頭皮の血行を良くしたり、髪の毛にコシを与えるように生薬や植物成分由来の栄養成分を配合してあります。ですので抜け毛シャンプーに比べると薬用成分が配合されている分、価格も割高になります。洗浄成分自体は抜け毛用とはあまり変わりませんが、育毛効果を促す成分の有無で価格も変わってきます。

従来の頭皮ケアでは、主にフケかゆみなどを抑えることに重点が置かれていました。特にフケがあると清潔感がなくなることから、頭皮ケアにはフケ用シャンプーが主に使用されていました。ところが時代とともに薄毛や脱毛症に悩む人が増えてきたことから、抜け毛を防止する頭皮ケア商品が登場し始めました。そして薄毛や脱毛症の悩みが年配の男性だけでなく若い男性や、さらには女性にもあるということで抜け毛シャンプーだけでは発毛・育毛効果が実感できないということから、頭皮環境を良くするスカルプケアという考え方が広く知られるようになったのです。そこで育毛効果のある頭皮ケア商品が登場するようになりました。現在では抜け毛シャンプーは薄毛や脱毛症の悩みを抱えている人のものではなく、髪が生えている人の頭皮ケア商品として認識されつつあります。