薄毛の人は育毛剤を利用すると世界が変わります|逃避しない頭皮へ

入手するには

プロペシアを入手する方法について

この薬の歴史としては1998年からアメリカで販売開始され日本国内では2005年に販売され日本全国の医療機関で髪の悩みを抱えている人に処方されています。このプロペシアを入手する方法ですが、他の医薬品や発毛剤とは違って医師の処方箋が必要となります。一般の皮膚科でも診断を受けることができますが、最近確立された治療法なのでまったく知識がないといった医師もいます。診察を受ける前にAGA治療は行っている皮膚科なのか確認が必要です。頭髪専門クリニックであればそちらのほうが専門的に治療をしてくれることができますので、専門医のほうが効果が高いです。

服用することによる副作用

プロペシアは医薬品ですので体への影響もある薬です。副作用も当然おきてくるひとがいます。副作用としては服用後はやいひとで2週間から3週間程度で抜け毛の量が増えてしまうことです。抜け毛進行防止のための薬ではあるのですがこのような副作用がでます。副作用で抜け毛が増えてしまうことでショックを受けてしまう人はいるのですが、この症状は薬が正常に効いているという証拠です。また、プロペシアを服用することで性欲減少や体毛が濃くなったという報告もあります。頭髪専門クリニックであれば症状に合わせて薬の濃度を調整します。服用しても副作用があらわれないのであれば少しずつ薬の濃度を濃くしてくことでよりはやく効果がでるようにもできます。