薄毛の人は育毛剤を利用すると世界が変わります|逃避しない頭皮へ

薄毛改善

金額や価格の傾向について

現在では男性の脱毛理由の多くはAGA(男性型脱毛症)と考えられていますが、AGAを治療する医薬品が海外で開発され、日本でも人気の商品となっています。 日本でも医療機関や頭髪専門クリニックでAGA治療薬が使われていますが、これらの商品に関しては日本では認可が下りていないため自由診療となり、治療薬も全額自己負担となります。 現在AGA治療薬としては、先発品の他にジェネリック医薬品も販売されています。ジェネリック医薬品は「フィンペシア」という名称で、先発品と成分や効能が同じで副作用等も同等ですが、価格は先発品よりも数割安いのが特徴です。また、医薬品通販サイトでは、定価よりも安い価格で販売しているところもあります。

これまでの歴史や変遷

フィンペシアはジェネリック医薬品ですが、有効成分はフィナステリドです。フィナステリドは元々は前立腺治療に使用されていた薬ですが、たまたま薄毛治療に効果があることがわかり、AGA治療薬として新たに製造販売されたという歴史があります。 現在では多くの国でフィンペシアが使用されていますが、副作用には性欲減退や勃起不全などがあげられています。しかし、確率的には非常に少ないと言われているのであまり副作用は気にしないで使用することが可能です。ただし、フィンペシアは女性の薄毛には効果がないとされています。男性がフィンペシアを服用中に女性が妊娠した場合でも胎児への副作用等の影響はないと言われていますが、心配な場合は服用を中止した方が良いかもしれません。